細川幽斎と古今伝授行平

このサイトでは、歴史上の人物と名刀について見ていきます。

まずは、徳川家武将の 細川幽斎(藤孝)の蔵刀を見ていきましょう。豊後の 刀工で後鳥羽院御番鍛冶をつ とめた行平の作刀が細川幽斎の日本刀です。関ケ原の戦いの前哨戦として、西方の武将小野公郷は兵 一万五千を率 いて田辺城の幽斎を攻めて、幽斎は五百足らずの兵で能城戦を続け、死 を覚悟していた。幽斎は武将であると同時に二条流の歌道に精通した当代随 一の歌人でした。細川幽斎は古今和歌集の解釈に関わる「古今伝授」の唯一の伝承者でもありました。もし幽斎が討ち死にすれば文化的な損失はかなりおおきかった。そのため、 幽斎の門下にあった八条宮智仁親王は何度も停戦の和議を試みた。しかしながら幽斎の決意は固く、城と共に死ぬ覚悟であったらしい。ついには御陽成天皇の勅 旨が下るにいたり幽斎は二ヶ月にわたる籠城を解きました。そして後に幽斎が勅伎に贈 った行平にも、古今伝授の名が冠されるようになったという。このように日本刀と歴史上の人物にはたくさんのエピソードがあります。次に細川忠興について見ていきましょう。

細川忠興と歌仙兼定

細川忠興の日本刀は、忠興の非情さを伝える美しくも恐ろしい剣美濃鍛冶の名工和泉守兼定の作です。忠興の考案 した肥後都 (歌仙持ともいう)の施された優美な刀です。細川家は文武に優れた家柄で、忠興の父幽斎は歌の道を極めた歌人としてなおはせていた。忠興は茶の道に通じており、千利休の高弟として「利 休七哲」の一人に数えられた。後には自ら三斎流を興している。そうした文化的素養を持つ反面、忠興には冷徹な面もあったと伝えられている。その顕著な例がこの歌仙兼定の名の由来にうかがえる。歌仙とは歌道の名人で三十六歌仙が有名であるが、忠興も兼定で三六 人の家臣を切り捨てたという逸話がある。忠興は信長を敬しており、臣下だったころに貰った九曜紋を代々家紋 とした。また本能寺の変では明智光秀の協力を断り、幽閉された過去が ある。忠興の冷徹さ、絢性は信長を真似したものなのかも知れない。

刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋