放課後等デイサービスの意味

”放課後”は文字通り”学校”を中心として規定される概念である。学校は子供にとって家庭に次いで多くの時間を過ごす場所であり大人になる為の知識習得や人格形成など多くのことをはぐぐむばしょとして重要な役割を担っているという事は言うまでもない。しかし、学校は時間や場所などの枠組みが明確で学ぶ内容や人間関係が限定されており、生活力の育成という意味では限界があるのも事実である。それに対して、”放課後等デイサービス”では、学校や家庭ではない場所、人、活動を通して今の自分を少し超えることにチャレンジし,自己や他社と相互交渉しながら大人になる為に多くのことを学ぶ大切な時間です。放課後や休日における活動は学校が終わり家庭に帰るまでの時間帯に子供がメインとなって地域の中で友達と時には一人で遊びという形で展開される非常に自由度の高いときには冒険を伴う活動です。学齢期の子供は学校でアカデミックスキルを学び放課後等デイサービスでソーシャルスキルやライフスキルを学びながら大人になる準備をします。おすすめ放課後等デイサービスは、横浜市保土ヶ谷の放課後等デイサービスの学習支援カルチャーズデイです。