ベトナムアオザイ

正装としてベトナムで着用する民族服であるアオザイは、結婚式の花嫁の衣装としても着用されます。女性用のアオザイの美しさは世界的に認知されていて、ベトナム土産としても人気が高いのが特徴です。

アオザイの歴史は18世紀に清朝から移入されたチャイナドレスを起源とします。本来は厚地の絹を使いますが、ベトナム土着の薄絹のゆったりした長衣の影響を受けて、風土に合った薄い布地で仕立てるようになりました。日常着としても用いられます。現在の女性用のアオザイのスタイルは、フランス領であった時代に改良されたものです。女性がとても美しくなると、ベトナム人以外の人でも好きな人の多い民族衣装です。

アオザイをつくるときには、まず信頼できるお店で買うのが大事です。ホーチミンでは日本人経営のアオザイ店や日本語が話せるスタッフがいるお店もあります。生地を選んでからデザインを決定することになります。

デザインもこれぞアオザイという衣装から、今風でジーンズの上にもOKの衣装まであります。観光客向けのアオザイのお店は、観光客向けに割高な設定になっています。アオザイをオーダーでつくり買うのも一つの手段ですが、パーティーなどに着る場合にはレンタルドレス屋さんで借りるのも、一つの手段でしょう。